ひらパー行ったでぇ~。

2018年04月15日

こんにちはぁ~。みなさんこの春はいかがお過ごしですか?桜のシーズンももう終わりましたね。お花見とか行きましたか?

僕の家族は定休日(水)の日にひらパーに行ってまいりましたあぁ~。僕の家は枚方なので、ホ-ムグランドでメジャーな所ですが、うちの4歳の子とは初めての家族デビューで色々とありましたねっ。

まず、みんな子供優先での行動なので何が起こる判らない事ですねっ。

先ず1つ目のエピソードとしては10時に樟葉の駅で母親と待ち合わせて行く予定でしたが、なかなか起きてくれなくて難儀しました。結局、準備などで30分位遅れてしまいました。今後、遅れないように対策する必要がありますねっ。

もう一つのエピソードは子供の目線と大人の目線が全然違うことでしたねっ。それは、急に走り出したり止まったり強く手を引っ張たりすることで、お互いヒヤッとする事があったことですねっ。

その中でも特に怖かったのは、急に手を強くひっぱられて引っ張り返して肘を痛がり始めた事でした。

このエピソード、結構多いんですよねぇ~。この症状は肘内障と言って4歳頃によく起きる脱臼のうちの1つです。

肘内障の対処法としては手の平を上に向けた状態で、肘の関節を動かない状態にしっかりと支えて、肘をゆっくりと曲げていき、はずれた所を元の位置に戻すやり方が一般的です。

私も学校で習った様にやってみました。すると今までの痛みが嘘のように消えたみたいでホッとしました。いつも現場で慣れているのに、自分の子がそんなことに成るとオロオロするもんだと初めて気付きました。世の奥さん方が、子供が怪我をした時の気持ちがわかる瞬間でもありましたねっ。この体験は今後の患者さん対応に貴重な体験に成りました。

肘内障は、癖に成る症状なのでしっかりとちりょうしなくてはいけないので、肘内障になられ方、爽美館にお越しになって下さい。スッタフ一同心よくお待ちしております。

 

尼崎市南塚口町1-6-4大西ビル102

℡06-6427-3033

爽美館 塚口店