野球肘

2018年04月24日

皆様こんにちは!爽美館口田中店です。早いものでもう4月。
プロ野球も開幕しました今年の阪神タイガースはどうですかね?
そしてお花見も終わり。もうすぐ5月ですね!

ゴールデンウィークももうすぐですね!
皆様はゴールデンウィークの予定はもう決まっていますか?

爽美館では水曜日以外は通常通り診察しておりますのでご安心下さい。

少し前ですが休みがあったので第90回選抜高校野球の決勝戦
(大阪桐蔭高校(大阪)vs智弁和歌山高校(和歌山))を観戦してきました。
名門校同士、近畿同士の対戦ということあり甲子園球場は満員でした。

今回の第90回選抜大会に爽美館に通院している選手が何人か出場していました。
決勝戦は白熱した熱戦で5-2で大阪桐蔭高校が優勝しましたね。春連覇、強かったですね!
夏の100回記念大会での春夏連覇に期待したいです。

野球の話をしたので今回は野球肘について少しだけ書かしていただきます。
そもそも野球肘とは、繰り返しボールを投げる事によって肘への負荷が過剰となることで
起こる肘の障害です。肘の外側で骨同士がぶっかり骨、軟骨が剝がれたり痛んだりします。
肘の内側では靭帯、腱、軟骨などが痛んだりします。

その他にも多いのが肘をかばうあまりに今度は肩を痛めたり、
身体全体(腰、下肢)に痛みが出現する事があります。

ここで大切になるのが出来るだけ早い段階で適切な治療を行う事が大切になります。

爽美館では地域の野球少年への指導、メディカルチェックのボランティア活動を行っており
野球選手専門のマッサージやストレッチ、鍼灸治療、運動療法、機能評価、動作分析、
投球フォームの指導などを行っており野球肘は得意分野の一つです。

 

野球で身体に悩みがある方は是非一度爽美館口田中店(園田駅から徒歩25分、塚口駅から徒歩10分)にお越し下さい。