地震、大丈夫でしたか?

2018年07月2日

暑い日が続きますねぇ~。この間の地震、凄かったですねぇ~。私は立花勤務だったのですが、JRの駅のホームに待っている時に、地震にあって足止めを食らいました。

そこから後は、まぁ~大変でしたね。まず先に不安だったのは津波でした。東北の地震の時を脳裏に焼き付けてましたので、一番に考えました。幸い、駅の館内放送で津波の危険性はないとの連絡がありましたので一安心。

次に考えたのは、どうやって職場に行こうかと思いましたねっ。「あっ、タクシー」と想いタクシー乗り場に行きましたが、既に人の山で一杯で乗れる状況では無かったです。

そんなこんなしていると本部からLINEが流れてきて、もう1人、立花勤務の方が大阪駅のいるとの連絡がありました。

私、心の中で「オォ~ッもう1人連れが出来た心強い」と思いまっした。

少ししてもう1人のの立花勤務の方と落ち合い、タクシーを公道で拾うことに成りました。そしたら、またLINEが来て、塚口勤務の方も大阪駅にいることが判りました。

なので、3人でタクシーを拾うことに成りました。しかしこんな時に拾えるはずもなく、どんどんと時間は過ぎていく一方でした。結局のところタクシーの営業所を点々としましたが、拾うことが出来ず、最後には諦めました。

後は3人で話し合った結果、大人しく電車が復旧するのを待つことに成りました‥‥

ではそこでその後何で困ったかと言いますと、長い間の長期戦になる為のスマホの電源がそこをつきかけていた事でした。

そこで、救世主のおでましです。なんともう一人の立花勤務の方が、土地感に詳しい方で公共開放されている大学のキャンパスに連れて行ってくれて、事は一気に解決しました。そこのキャンパスは静かで休憩すでる場所にコンセントもあり、ゆっくりするには最適でした。

何だかんだで、結局のところ、復旧できずに解散と成りました。

次の日の出勤は、何ともなく出てこれましたが、私の担当した患者様の話を聴いて、わたしより大変な方々が一杯おられました。

その中の何例かを紹介しますねっ。

高層マンションの上層階の人は、よく揺れた様で、あちこちぶつけて打撲来でられた方。

阪神大震災のトラウマで心を痛めてその癒しに爽美館を選ばれた方。

地震の後片付けで腰を痛められた方。

など様々です。震災によって何かしら普段と違うことが在りましたら爽美館に相談下さい。

 

 

尼崎市南塚口町1-6-4大西ビル102

℡06-6427-3033

爽美館 塚口店