膝の痛みについて

2018年08月6日

膝の痛みついて、今日のブログを書かせて頂きますね!「膝の痛み イラスト フリー」の画像検索結果

 

 

まず、膝関節の構造について書かせて頂きます。

膝の関節は、大腿骨、脛骨、膝蓋骨という3つの骨で関節を形成されています。

膝は蝶番関節といって、骨の配列は構造的に弱く、

靭帯と筋肉の強いサポートによって支持されています。

膝の構造には欠点は、2つの筋群によって部分的にコントロールされていることです。

股関節の伸展と同時に膝の屈曲に作用するハムストリングと

ま膝の伸展と股関節の屈曲に作用する大腿直筋の2つの筋肉によって

コントロールされていますが、この2つが同時に働くと問題が起こります。

結果的に筋肉と腱の緊張による障害を引き起こす原因となっていきます。

 

膝の障害の分類

①膝関節捻挫

膝関節の捻挫は、膝関節を支持している靱帯が異常な動きによるストレスを受けることで

起こりえます。この異常な動きとは、大腿骨に対して脛骨が外側や内側に移動したり、

内旋や外旋、前方または後方にずれたり、過伸展やこれらが組み合わされた動きの事です。

または逆に大腿骨が脛骨に対して同じ様に動いた場合にも捻挫がおこります。

捻挫はただ単に引き伸ばされただけのものから、膝の機能の喪失を伴わず

靭帯の繊維が少し切れたもの、膝の機能の喪失が明らかな靭帯の

完全断裂によるものまで様々な程度があります。

内側側副靭帯、前十字靭帯、内側半月板が同時に断裂を起こすような重度の外傷は

アンハッピートレイドといわれます。

 

この分類については、少しずつブログにアップしていきますね!

皆様も、膝の痛みで悩まれているかと思います。

もし悩まれている方があれば、ぜひ

整骨院 整体院 爽美館までご来院ください。