交通事故・むちうち

尼崎市にお住いの皆様!こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 交通事故治療で病院に通っているが、全然良くならない
  • 交通事故にあって治療がしたいが、どこで治療をしたらいいのか分からない
  • 交通事故にあってから首の痛みで仕事や生活に支障が出ている
  • 事故に遭ってから頭痛・めまい・吐き気などの症状がでてきた
  • 首だけでなく腕や手にまでシビレなどの症状が出てきた

交通事故に遭ってからの症状やむちうちの症状は早期に回復しないと症状が慢性化して治るまでに時間がかかって改善が難しくなってしまいます。

症状が悪化する前にぜひ尼崎市塚口・立花・園田の整骨院・整体院爽美館にご相談ください。

交通事故に遭ってしまったら?注意するポイント

不幸にも交通事故に遭ってしまった場合、初めてだとパニックになってしまい何をどうして良いかわからないこともあるかと思います。
まずは、警察と保険会社に連絡して、必ず病院で検査を受けて診断してもらいましょう。

  1. まずは、警察に連絡しましょう。当事者同士で示談交渉してはいけません!

    交通事故のイメージ写真交通事故に遭ったら、必ず警察を呼びましょう。
    応急処置で対処できない怪我の場合は救急車も呼びましょう。

    軽い交通事故だと、「警察を呼ばずに示談で解決しましょう」と言われることもあるかもしれませんが、任意保険でも自賠責保険でも必要になる交通事故証明書は、警察署で発行されます。

    決して当事者同士で解決しようとせずに、必ず警察を呼びましょう。

  2. 交通事故の相手と目撃者の連絡先を必ず控えておきましょう!

    交通事故相手の連絡先をメモするイメージ写真交通事故の相手の連絡先・車両の情報をメモや携帯電話に控えておきましょう。

    ●氏名
    ●住所
    ●電話番号
    ●勤め先の所在地・電話番号
    ●車種・登録番号・所有者名
    ●車両の自賠責保険・任意保険の内容

    などの情報は最低限控えておきましょう。
    また、免許証や自賠責保険証書などは携帯電話のカメラなどで撮影しておくと便利です。

    後々、相手の証言と食い違いが出てきて損害賠償などで不利になることがないように、現場の状況をメモしたり証拠写真を撮っておきます。目撃者がいる場合は、第三者の目撃証言を抑えておき、連絡先も聞いておくようにしましょう。

  3. 痛みや怪我がない場合も自己判断せず、病院で精密検査・診断を受けましょう。

    病院で交通事故後の検査を受けているイメージ写真交通事故の直後は、気持ちが昂ぶっていて痛みを感じなかったり、ダメージを受けていることに気付きにくいので、目立った外傷が無くても必ず病院の診察を受けて下さい。
    見た目ではわからなくても、脳内出血や骨折など、後から痛み・痺れ・頭痛・めまいが出てくることもあります。

    病院からの診断書があれば、請求できる損害賠償の金額も大きく変わってきます。
    後から交通事故の後遺症で苦しまないためにも、必ず病院へ行くようにしましょう。

  4. 加害者側でも被害者側でも、保険会社に必ず連絡しましょう。

    加害者であれば相手への賠償のために保険会社への連絡は必須ですが、被害者であっても過失があると判断されると、自分の保険を使わなければならないケースがあります。
    また、過失がなくても、相手が無保険で自分の保険を使わなければならなくなるケースもあります。

    病院から整骨院へ転院する場合も自賠責保険は適用できますので、整骨院に通院する旨を保険会社へ連絡しましょう。

  5. 通院交通費の領収証や治療に関する書類は大事に保管しておきましょう。

    交通事故治療の費用は、保険会社に請求できますが、場合により費用を被害者本人が立て替えることもあります。領収証や書類は大事に保管して置きましょう。(医療機関によっては、加害者の保険会社に直接請求してくれるところもありますので窓口で確認してみましょう。)
     
    また、通院交通費を交通事故治療に関わる費用として請求することもできますので、領収証は捨てずに取っておきましょう。

交通事故により起こる症状|尼崎市の整骨院・整体院爽美館

交通事故に遭ってからつらい症状でお悩みの方へ。諦めないでご相談ください。

交通事故で起こる症状には骨折・脱臼・むちうち・捻挫・打撲など色々なものがありますが、分かりやすい怪我だけでなく頭痛や体のだるさなど見ただけでは分からない症状もあります。

そのどれもの症状が突発的で大きな衝撃によるものです。無防備な状態での受傷になりますので、症状も深刻なことが多く長期化する傾向にあります。事故に遭って少しでも体に不調を感じたら尼崎市の整骨院・整体院爽美館に来院ください。

事故で出てきた症状を放置していませんか

交通事故後、痛みがないからとそのままにしてはいけません。早期治療が大切です。

交通事故に遭ってから起きた症状を治療せずにそのままにしていませんか?

そのままにしておくと症状が悪化して慢性化したり、悪化してから治療をしても症状が良くならない固定化が起こってしまって、常に痛みや、身体を動かそうとしても痛みで制限がかかってしまうなど悩まれる事も少なくありません。

きちんと治療をせずにいると事故に遭ってからずっと後遺症に悩む身体になってしまう可能性も高くなるので、交通事故に遭ったらすぐに初期治療を受けるようにしましょう。

尼崎市の整骨院・整体院爽美館の交通事故治療

交通事故の事故治療には、早期かつ症状に合わせた専門的な知識や技術が必要になります。

整形外科でよくありがちな、電気とシップだけの治療を当院は行いません。尼崎市の整骨院・整体院爽美館では手技による患者様おひとりおひとりの症状に適切な治療を行い、その時その時で変わっていく症状に合わせて治療をしております。後々、後悔がないようにしっかりと治療を行っていくことがポイントになります。

当院では、症状をしっかりと見極めるために、毎回患者様に細かい症状の聞き取りを行っていますので、なにか少しでも体調の変化や不安などあればお伝えください。

症状の改善には患者様の治したいと思う意志が必要ですので、当院と一緒に症状を改善し痛みのない身体と生活を手に入れましょう!!

当院の交通事故治療は自賠責保険・任意保険適用可能ですので、まずは尼崎市の整骨院・整体院爽美館にご相談ください。

むちうちの症状|尼崎市の整骨院・整体院爽美館

むちうちの辛さは誰も分からない

「むちうち」とは交通事故やスポーツでの衝突などの突発的な外力によって、頸部(首)がムチがしなる様な波状運動を強いられることで起きる損傷の事を言います。頸部の筋・靭帯・骨・推間板・血管・神経など損傷する部分が多岐にわたる事が多い症状です。

交通事故などで病院に行ってMRIやレントゲンの検査をしても不調の原因が突き止められず、当院に来られて「実は不調の原因はむちうちだった」ということもあります。
なので、病院などで原因が分からないが手のしびれやめまいなどの症状があった場合は、尼崎市の整骨院・整体院爽美館にお任せください。

むちうちの症状を放置しているとどうなるのか?

むちうち症状むちうちの症状がでる首は、人の身体の中で特に神経が通っていたりする重要な部分です。
むちうちの症状が出てしまうという状態は、首がとても大きな損傷をうけているということになります。

軽い怪我だと甘く見てむちうちの治療をしなかったり、症状が出てからかなりたってから治療をすると、むちうちになった始めは単なる痛みだけであった、比較的に軽い症状であっても、めまい・吐き気、さらには腕や手などの上肢のシビレなどに発展してしまいます。
また、症状が悪化して慢性化し、むちうちの症状改善が難しくなってしまうのです。

尼崎市の整骨院・整体院爽美館のむちうち治療

むちうちの症状は受傷時の度合いや患者様のお身体の状況によって大きく異なります。患者様おひとりおひとりが違う状態であるのを前提にきちんと問診をして損傷の度合いを判断して、テーピングなども併用し治療を行います。

むちうちには炎症期・回復期・安定期と症状がうつり移り変わっていきます。

当院ではきちんと見分けて施術をしています。

炎症期

まずは炎症を抑えるアイシングをしていきます。
炎症の度合いにより、筋肉のほぐし方も変えていきます。

回復期

炎症期に落ちてしまった筋力をストレッチなどで元に戻したり、手技で筋肉をほぐしたり、緩めて回復力を高めます。

安定期

痛みなどがずいぶんおさまり、楽になってくる時期です。
この段階で治療をやめてしまうと、症状がぶり返してしまったり、痛みが再発してしまいます。しっかり治療を続けて完治を目指していきます。

むちうちは症状の度合いによらず、早期かつ最適な治療をしていくことが最も大事になります。そのうち治るだろう・・・では、手遅れになるかもしれません。しっかり治療して、痛みのない生活を手に入れましょう!

少しでも身体の違和感を感じましたら、すぐに尼崎市の整骨院・整体院爽美館にご相談ください。

 

なぜ?爽美館で治るのか?